サメ図鑑

メガマウスザメの特徴、大きさ、寿命、生態、危険度、生息域とは

メガマウスザメとは

まず、メガマウスザメの基本情報を紹介します。

メガマウスザメの基本情報

標準和名
メガマウスザメ
別名
メガマウス
英語名
Megamouth Shark
学名
Megachasma pelagios
保全状況
希少種のため不明だが台湾では乱獲が危惧されている。IUCNはメガマウスザメを「最小の懸念」と考えている。
分類
ネズミザメ目メガマウスザメ科(Megachasma)
危険度
シャークアタックの回数
0件のサメ事故(1580-2020年)
サメの攻撃が原因の死亡事故
0件のサメによる死亡事故(1580-2020年)
生活様式
遊泳性
分布・生息域
太平洋、インド洋、大西洋の温熱帯海域。約64%が台湾で発見されている。日本での発見例も多い。
日本国内での生息域
東京湾の海底谷や沖合、千葉県館山市、静岡県、三重県などの太平洋側。福岡県など。
生活域
深海音波散乱層(約200~1,000mの中深層)
水深
水深200メートル付近のやや浅い深海。
大きさ
記録されている最小個体は1m76cm。最大7m。
最大全長
最大7m。
体重
〜1,215kg。平均750kg。
平均寿命
不明。

※サメの年齢を推定するのは難しく、多くのサメが過小評価されている可能性があるので今後もっと長くなる可能性もあります。

最大寿命
不明
繁殖方法
胎生と考えられている。メガマウスザメの卵巣は他のネズミザメと似ているため繁殖方法も類似している可能性。
妊娠期間
不明
産仔数
少ないと考えられている。
幼魚の大きさ
少数の比較的大きな幼魚を産むと考えられている。(Ref.1)
繁殖サイクル
周年
成熟年齢
不明
成熟サイズ
オス:4m、メス:5m
歯の形状
上歯は下歯よりも小さい。下の歯の尖端は、上の歯の尖端よりも鋭く、長い。
泳ぐ速度
泳ぎは得意な方ではなく、遊泳速度は遅い。平均時速1.5 km〜最高速度2.1 km。
性格
おとなしい、臆病。
習性
口を開けたまま泳いでプランクトンを食べる。白銀に光る口腔で獲物を近くに呼び寄せることができるようだ
1日の過ごし方
昼と夜で海中を垂直に移動。昼は深海音波散乱層(約200~1,000mの中深層)で過ごし、夜間には水深10mから25mの海表面近くまで浮上。
好きな食べ物
プランクトン、オキアミ、エビ、アカザエビ、カイアシ類、クラゲ。
海の仲間のお友達
お友達は不明。ダルマザメやマッコウクジラは襲ってくるのでメガマウスザメのお友達ではないようです。(Ref.2)
生息年代
不明
発見された年
1976年11月
サメが住んでいる水深

※水深200mの深海を星5と評価

巨大ザメ指数

※最大全長が5m以上のサメを星5と評価

水族館で会える可能性
ペットとして飼育できる可能性

メガマウスザメの生息域

メガマウスザメは世界のすべての主要な熱帯地域に世界的に分布しています。
ブラジル、アフリカの西海岸(セネガル)、南アフリカでそれぞれ1例メガマウスザメが発見された記録がありますが、大西洋では太平洋ほど一般的ではありません。

メガマウスザメが発見された場所と日付

1976年以来、希少種「メガマウスザメ」の目撃は世界中で約226回しかなく、そのほとんどは漁師による捕獲の事例でした。
目撃情報の大部分は黒潮に沿って発生しています。
希少種「メガマウスザメ」のうち145匹が台湾沖で捕獲されており、世界で報告されている総漁獲量の64%を占めています。
ここでは、メガマウスザメが発見された場所と日付の一部を紹介します。

  1. 千葉県館山市の港の岸壁| 2021年6月15日
  2. 千葉県館山市の波左間の沖合約1キロに設置している定置網内| 2021年6月11日
  3. 千葉県館山市の洲埼灯台の沖の定置網| 2017年5月22日
  4. 三重県尾鷲市沖20キロの熊野灘| 2017年5月26日
  5. 三重県| 2016年4月15日
  6. メキシコ、ナヤリット州| 2015年12月24日
  7. ミサミスオリエンタル、フィリピン| 2015年11月
  8. ゲアン、ベトナム| 2015年6月2日
  9. フィリピン、カガヤンデオロ市| 2015年3月21日
  10. マリゴンドン、フィリピン| 2015年1月28日
  11. フィリピン、カガヤンデオロ市| 2014年6月30日
  12. アグサンデルノルテ、フィリピン| 2014年6月23日
  13. 静岡、日本| 2014年4月14日
  14. アンティーク、フィリピン| 2014年3月14日
  15. 真鶴、日本| 2013年9月6日
  16. 台湾東部| 2012年10月16日
  17. スリランカ、ネゴンボ港| 2012年7月5日
  18. 中国の海| 2012年1月
  19. 相模湾、日本| 2011年7月1日
  20. 静岡県| 2011年6月24日
  21. ボホール、フィリピン| 2010年
  22. 台湾東部| 2010年6月19日
  23. 中国南東部| 2010年4月25日
  24. ベニトス諸島、メキシコ| 2009年11月6日
  25. リオデジャネイロ、ブラジル| 2009年7月9日
  26. 台湾| 2009年6月9日
  27. フィリピン| 2009年3月31日
  28. フィリピン、南レイテ島| 2008年9月5日
  29. 台湾東部| 2008年7月10日
  30. 台湾| 2008年6月30日
  31. フィリピン、南レイテ島| 2007年9月27日
  32. バハカリフォルニア、メキシコ| 2007年9月23日
  33. 日本| 2007年7月
  34. 相模湾、日本| 2007年6月
  35. フィリピン| 2007年5月29日
  36. バハカリフォルニア、メキシコ| 2006年11月16日
  37. 相模湾、日本| 2006年5月2日
  38. 南シナ海| 2006年5月23日
  39. フィリピン、カガヤンデオロ市| 2006年3月12日
  40. フィリピン、バヤワン市| 2006年1月26日
  41. Hualieng、台湾| 2005年6月5日
  42. Hualieng、台湾| 2005年5月5日
  43. Hualieng、台湾| 2005年5月4日
  44. Hualieng、台湾| 2005年5月2日
  45. Hualieng、台湾| 2005年4月25日
  46. 三重県| 2005年1月23日
  47. カガヤンデオロ、フィリピン| 2005年1月30日
  48. イロイロ、フィリピン| 2004年11月4日
  49. 静岡、日本| 2004年4月23日
  50. 池原市、日本| 2004年4月19日
  51. インドネシア、スマトラ島| 2004年3月13日
  52. エクアドル、グアヤス| 2004年3月8日
  53. 静岡、日本| 2003年8月7日
  54. 花蓮県、台湾| 2003年7月3日
  55. 米国カリフォルニア州デイナポイント| 2003年5月26日
  56. フィリピン、カガヤンデオロ市| 2003年1月6日
  57. 南アフリカ、ネイチャーズバレー| 2002年4月20日
  58. 東インド洋| 2002年1月18日
  59. 米国カリフォルニア州サンディエゴ| 2001年10月19日
  60. 米国カリフォルニア州サンディエゴ| 1999年10月1日
  61. 北スラウェシ、インドネシア| 1998年8月30日
  62. 三重県| 1998年4月23日
  63. カガヤンデオロ、フィリピン| 1998年2月21日
  64. 三重県| 1997年4月30日
  65. ブラジル南部| 1995年9月18日
  66. セネガル、ダカール| 1995年5月4日
  67. 福岡県の博多湾、日本| 1994年11月29日
  68. 米国カリフォルニア州デイナポイント| 1990年10月21日
  69. 駿河湾、日本| 1989年6月
  70. 浜松市、日本| 1989年1月23日
  71. オーストラリア、マンジュラ| 1988年8月18日
  72. カタリナ島、カリフォルニア、米国| 1984年11月29日
  73. 米国ハワイ州オアフ島| 1976年11月15日
no image
台湾沖でメガマウスザメが4日間で6匹も捕獲され保護団体は漁獲禁止を求めている

台湾沖にて、4日間で希少種「メガマウスザメ(Megachasma pelagios)」が6匹も捕獲されました。 メガマウスザメは今日の世界において最も希少なサメのうちのひとつです。 保護活動家は台湾に ...

台湾沖でメガマウスザメが4日間で6匹も捕獲され保護団体は漁獲禁止を求めている

メガマウスザメについてもっと知りたい人はこちらのブログをどうぞ!

https://musea.blog/megamouth-shark/

私のサメブログ

Sharks Wiki運営者のReinoです🦈
雑記ブログ「Musea Blog(ミューゼアブログ)」でもサメブログを書いています。
こちらもよろしくお願いします:)

Musea Blog(ミューゼアブログ) by Reino

https://musea.blog/category/shark/

かわいいサメのぬいぐるみ

no image

かわいいサメのぬいぐるみのおすすめランキング♡可愛いホホジロザメやネコザメなど - MUSEA BLOG(ミューゼアブログ)

musea.blog

https://musea.blog/stuffed-shark-ranking/

もっとサメを知りたい人におすすめのサメの本やサメ図鑑一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

麗乃(Reino)

社会人学生として慶應義塾大学文学部を卒業。 現役の時は青山学院で英文学を、慶應では哲学を学びました。 佐賀県唐津市生まれ、東京育ちのフリーランスのブロガー・美容研究家・サメ愛好家・Webマーケター・SEOコンサル。 大好きな東京タワーのある港区のとある町で夫とカエルとサメたち暮らしています🐸🦈🗼 UK Rockをこよなく愛するバンドThe Charlene.(シャーレイン)のボーカルMiuとしての顔もあります😎 詳しいプロフィールはこちら

-サメ図鑑