サメニュース

1900万年前にサメが大量絶滅した可能性!生息数が90%も減少か

約1,900万年前にサメたちが謎の大量絶滅

古生物学者のエリザベス・シベール博士によると、急激な気候や環境の変化の兆候はなかったにもかかわらず、約1,900万年前に世界のサメの個体数が最大90%も減少しました。
この調査結果は2021年6月4日付の「Science誌」に掲載されました。

海底から採取された小さなサメと魚の化石はサメが約4000万年にわたって海を支配していたことを示しており、その数は今日の10倍であったにも関わらず、サメたちは姿を消しました。

イェール大学生物圏科学研究所を拠点とするシベール博士は次のように述べています。

「これはサメたちにとって最大規模の絶滅です。」

サメの数はなんと90%も減少

すべての始まりは、シベール博士と、当時アトランティック大学の学生だったレア・ルービン博士が、過去8500万年の間に魚とサメの個体数に大きな変化があったかどうかを調査からです。
シベール博士らは、北太平洋と南太平洋で採取された深海堆積物コアの微化石(主に顕微鏡でしか同定できない、大きさが数mm以下の特に小さい化石)に注目し、魚の微化石とサメの微化石の頻度を比較しました。

1900万年前に、研究者たちは魚の化石5つにつき1つのサメの化石を見つけました。
しかし、それ以降は、魚の化石100個あたり、サメの化石は1個しかカウントされませんでした。

つまり、約4000万年間繁栄したのちに、サメの数はなんと90%も減少したということになります。
それ以来、世界のサメの個体数は絶滅から回復していないと、ハーバード大学でこの研究を行っていたシベール博士は述べています。

サメは一夜にして姿を消してしまった

研究者たちは、サメのグループによって大きく異なる小歯状突起の形状も分析しました。
これにより、さまざまなサメのグループの数が約70%減少したことが明らかになりました。

大規模な絶滅ののち、最も一般的な小歯状突起をもつ種類は今日のほとんどのサメに見られるものに似ていました。
隆起を織り交ぜた幾何学的な歯状突起は、大量死後ははるかにまれでした。
今日、それらは主に、ダルマザメやカラスザメなどの小型の深海サメに見られます。

サメの大規模な衰退の原因は謎

1900万年前の突然の絶滅はサメにとってはじめての絶滅ではありませんでしたが、世界の動植物種の4分の3が絶滅し恐竜が絶滅した6,600万年前に発生した白亜紀〜古第三紀の大量絶滅によりも大規模なものだったようです。
シベール博士とルービン女史によって発見されたサメたちの謎の大量絶滅と、白亜紀〜古第三紀に起きた大規模絶滅と比較すると2倍も深刻な減少を記録。
科学者たちは、白亜紀〜古第三紀の大規模な絶滅は小惑星または彗星の衝突によって引き起こされたと考えていますが、多くのサメたちが姿を消した1900万年前にはそのようなものは何もありませんでした。

「この時期に起きた急速な絶滅や地球規模の大きな変化は知られていないため、私たちはこれを予想していませんでした」とシベール博士は語っっています。

サメが他の海洋捕食者 (クジラ、マグロ、海鳥など) に打ち負かされた可能性は?

また、サメが他の海洋捕食者 (クジラ、マグロ、海鳥など) に打ち負かされた可能性も考えられません。
クジラ、マグロ、海鳥などは、サメたちの謎の大量絶滅から約500万年後まで出現しなかったためです。

サメの突然の失踪は、この比較的知られていない期間に何か重大なことが起こっていたことを示唆しているのではないでしょうか。
「これは、地球の歴史において、これまで見過ごされてきた非常に重要な時期であることを生物学が示している一例です」と、シベール博士は述べています。

1900万年前に起きたサメたちの大量絶滅ののち、ほとんどの種はそのまま滅んでしまった

サメは4億年以上にわたって海を泳ぎ、世界最古の木と推定されているドイツトウヒ(樹齢9,550年)よりも昔から地球に生息しています。
サメは、地球の物語において長きにわたり存続する種のひとつです。
現在、400種以上のサメが海に生息しており、そのうち180種がオーストラリアの海域に生息しています。

「今日私たちが目にしているのは、かつてのサメたちのほんの一部です」とシベール博士は語っています。
つまり、1900万年前に起きたサメたちの大量絶滅ののち、ほとんどの種はそのまま滅んでしまったということですね。

未来に向けてサメの保護や共生の重要性

海における頂点捕食者であるサメは海洋生態系のバランスを保つ存在です。

しかし、ネイチャー誌に掲載された最近の研究によると、今日のサメの個体数は過去50年間で驚くべき71%も減少しており、乱獲が減少の主な原因の1つとなっています。
過去の大量絶滅の出来事から頂点捕食者の個体数の大きな変化が生態系をどのように再形成できるかという将来的な見通しを知ることができます。

「重要な頂点捕食者グループの個体数が90%失われることは、生態系にとって大きな問題であり、海洋の仕組みを狂わせかねません」とシベール博士は述べています。

カーティン大学のサメを専門とする進化発生生物学者のキャサリン・ボアバート博士によると、絶滅の危機に瀕しているにもかかわらず、サメは保護活動においてまだ十分に優先されていないのが現実です。

「もし私たちがクジラを救うことができるなら、確実にサメを救うことができます」と、ボアバート博士は述べています。

もしもまたサメが絶滅し、サメ種の多様性を失うようなことが起きるならば、生態系に多大な影響を及ぼします。
また、サメ種の多様性は簡単には戻ってこないので、サメの保護やサメとの共生を私たちは考えていく必要があるのではないでしょうか。

研究者たちの次のステップは、1900万年前にサメが大量に絶滅した原因と、サメが復活しなかった理由を解明することです。

このブログのまとめ

  • サメの個体数は4000万年にわたり多様性のあるものだった
  • 1900万年前、地球の環境が安定し平穏とされている時期に、世界のサメの最大90%が絶滅
  • サメは1900万年前に起きた大量絶滅からその多様性を回復しておらず、このことは今日生きている世界のサメの個体数を保護するための教訓ともいえる

参考記事:
Sharks were nearly completely wiped out 19 million years ago

私のサメブログ

Sharks Wiki運営者のReinoです🦈
雑記ブログ「Musea Blog(ミューゼアブログ)」でもサメブログを書いています。
こちらもよろしくお願いします:)

Musea Blog(ミューゼアブログ) by Reino

https://musea.blog/category/shark/

かわいいサメのぬいぐるみ

no image

かわいいサメのぬいぐるみのおすすめランキング♡可愛いホホジロザメやネコザメなど - MUSEA BLOG(ミューゼアブログ)

musea.blog

https://musea.blog/stuffed-shark-ranking/

もっとサメを知りたい人におすすめのサメの本やサメ図鑑一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

麗乃(Reino)

社会人学生として慶應義塾大学文学部を卒業。 現役の時は青山学院で英文学を、慶應では哲学を学びました。 佐賀県唐津市生まれ、東京育ちのフリーランスのブロガー・美容研究家・サメ愛好家・Webマーケター・SEOコンサル。 大好きな東京タワーのある港区のとある町で夫とカエルとサメたち暮らしています🐸🦈🗼 UK Rockをこよなく愛するバンドThe Charlene.(シャーレイン)のボーカルMiuとしての顔もあります😎 詳しいプロフィールはこちら

-サメニュース